弥富 将

ふどうまえ整骨院院長 弥富 将

対応メニュー

整体
整骨・接骨
モルフォセラピー
骨格矯正・骨盤矯正
リフレクソロジー・指圧・ツボ押し
電気療法
テーピング療法
レインボー療法
放射線ホルミシス療法
交通事故診療

得意な施術

頭痛の改善
目の疲れ・眼精疲労の改善
首こり・首痛・寝違えの改善
腰痛・ぎっくり腰の改善
骨盤の歪み・ずれの改善
坐骨神経痛の改善
体の歪み・骨格の歪みの改善
睡眠障害・不眠症・寝つきが悪いの改善
起立性調節障害の改善

学歴・職歴

【卒業】高校
学校行事が盛んな都立高校で、野球と文化祭に勤しみました。
【卒業】専門学校
伝統と実績のある専門学校で、柔道整復師に必要な知識を学びました。
【修了】スクール
一般社団法人日本モルフォセラピー協会で、モルフォセラピーのスキルを習得しました。
【現在】
2017年4月に品川接骨院グループに入社、ふどうまえ駅前整骨院で院長として勤務しています。

資格

● 2017年4月に、厚生労働省認定の国家資格「柔道整復師」を取得しました。
● 2018年5月に、一般社団法人日本モルフォセラピー協会認定の資格「モルフォセラピープロ資格」を取得しました。

整体・整骨・接骨に出会うまで

実家が接骨院を営んでおり、幼少期より柔道整復師の仕事を目の当たりにしてきました。
小学校低学年の頃、手首を骨折する怪我をしました。
柔道整復師である父の適切な処置で改善し、その時の姿に尊敬と憧れを抱きました。
中学・高校と野球を続け、体の不調がある度に父に相談しました。
父からのアドバイスのお陰で、6年間大きな怪我もなく野球を続けることができました。
一方で、怪我に悩まされていたチームメイトや近所の友達は多かったです。
「父のように、悩める人たちの助けになりたい!」と思い、この業界を目指しました。

整体・整骨・接骨を学んだ方法

今まで触れてこなかった、体の構造や筋骨格、神経の走行などを覚える解剖学、生理学は慣れない単語が多く、戸惑いましたが、徐々に理解できるようになり、勉強が楽しくなりました。
柔整理論では、骨折、脱臼、捻挫の処置や、包帯固定の知識、技術を学び、目の前で怪我された方がいたら、すぐに対応できるようになりました。
学校はクラス一丸となり、試験に挑むという目標で、友人たちと助け合いながら知識を深めていきました。
柔道整復師という名前にもついているように、柔道の基礎(体捌き、受け身)や投げ技、抑え技など学びました。
年に1回、校内柔道大会があり、武道の厳しさやあり方を学び、今の糧となっております。

品川接骨院グループに入社した理由

実家が接骨院を営んでおり、卒業後は実家で働くつもりでいました。
しかし、進路担当の先生から、「他の院で経験を積んだ方が成長する!」と強く押され、品川整骨院グループを見学しました。
会社勉強会や行事が多く、先生間の仲は良さそうで、現場の雰囲気も良かったです。
モルフォセラピーという、画期的な治療法も取り入れており、自分の武器になると思いました。
何より、社長のお父様が柔道整復師で、自分と同じ境遇ということもあり親近感が湧きました。
二代目としてどのようにして経営していくのか、勉強になる部分が多いと思い、品川整骨院グループへ入社することを決意しました。

品川接骨院グループへの入社後に起きた自身の変化

自分が一番成長したと思うことは、何か問題が起こった際にすぐ他人のせいにする習慣がなくなったことです。
僕は元々、悩むことが大嫌いな人間でした。
何か問題が起こった際は、他人に責任を押し付けて逃げてばかりいました。
「自責と他責」がテーマの研修で受けた内容が、僕の心に深く刺さりました。
それから、「本当に相手の責任なのか?」「自分に非がなかったか?」など考えを改めることができました。
研修のお陰で今の自分が存在し、人間として成長できたことを実感できています。
「自責と他責」考えを日頃から意識し、仕事と向き合っていきたいと思います。

弥富将の信念とポリシー

僕が一番大切にしていることは、物事を中途半端にしないで全力でやりきるということです。
なぜ大切にしているかというと、後悔や失敗に繋がるからです。
もちろん、全力を出し切ってやり遂げても、失敗することあると思います。
しかし、後悔はなくなり失敗の確立も減ると思います。
仕事も同じで、患者様の症状が取れたから終わりではなく、再発の可能性があるのであれば、メンテナンスやトレーニングなど、施術以外の部分でも付き合っていきたと考えています。
患者様には僕の持っているすべての知識を活用しながら、健康に向かって一緒に頑張っていきたいと思っております。

プライベートの過ごし方

休日は、なるべく体を動かすように過ごしています。
中学・高校は野球に没頭していましたが、専門学生時代から入社1年目まで野球から遠ざかっていた時期がありました。
仕事に慣れてきた頃、知人から野球の誘いがあり、そこから毎週野球に行き始めました。
チームメイトと一緒に、和気あいあい楽しみながら汗を流しています。
野球は体と心がスッキリするので、今後も続けていきたいです。
他のスポーツにも挑戦したいと考えていますので、オススメがあれば是非教えてください。

今後の目標や展望

院としての目標は、「怪我したらふどうまえ駅前整骨院に行けば間違いない!」と紹介していただけるような、地域ナンバー1の整骨院にすることです。
枕や靴下などのグッズを使い、症状が改善された後のアフターケアも充実させていきます。
現在、少人数で営業しているため、時間が合わずにお断りしてしまうケースも少なくありません。
今後、1人でも多くの方の施術ができるよう体制を整えていきます。
個人の目標は、常に新しいことに挑戦し続けることで、一人の人間として成長していくことです。

お体の悩みを抱える方へのメッセージ

整骨院や接骨院が何をする場所なのか、知らない方もいらっしゃると思います。
基本的には、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などの怪我の治療や、寝違いやぎっくり腰などの急性期の痛みを改善する場所です。
その他、頭痛・肩こりをはじめとした慢性的な不調に対応しています。
整骨院や接骨院の数も多いため、「自分の症状はどこへ行くべきなのか?」と迷われる方もいらっしゃるでしょう。
品川接骨院グループでは、患者様1人1人の状態に合わせた施術を行っています。
治療頻度も一緒に決めていくため、初めての方も安心してご来院いただけます。
一人で悩む必要はありません、相談だけでも結構です、是非お気軽にご連絡くださいませ。

品川接骨院グループへの入社を検討中の方へのメッセージ

品川整骨院グループの特長は、モルフォセラピーを習得するための環境が整っているところです。
モルフォセラピーは、効果や再現性が高い治療法です。
心優しいスタッフが丁寧に指導していきますので、確かな技術を身に付けることができます。
覚えることは沢山ありますが、ご自分のため、何より患者様のためになります。
人間関係も良好で働きやすい職場です。
モルフォセラピーに興味がある方、体に関する幅広い知識や技術を身に付けたい方は、是非当グループへ来てください。