包帯&テーピング療法について
整骨院では必要な方には包帯やテーピングにて患部を固定したり関節の動きを制限したり、また筋肉の補助などをしていきます。

包帯固定の良さ
包帯による固定はギブスとは異なり、毎回ほどいて患部を確認することができ衛星的です。
また適切に巻くことにより、日常生活に支障が出ない形で患部を固定し、再受傷のリスクを軽減することができます。



テーピング療法
テーピング療法をする目的には主に関節を固定する働きと、関節や筋肉が動きやすい状態にして、その機能を上げる働きがあります。
テーピングを一枚貼るだけで握力がUPしたり、肘の曲げ伸ばしが楽になったり、膝の屈伸が楽になったりと様々な効果を出すことができます。
それ以外にも当院の場合は、色テープを使ってその色のもつ振動により様々な効果をだすことも行っております。