交通事故の治療になぜ鍼(はり)治療は効果があるのか?
交通事故による衝撃は、ふだん起こるカラダの使い方や姿勢の悪さ等で起きる障害よりもはるかに大きく深部の筋肉へもダメージを及ぼします。
そのような手の届かない深部の筋肉へも鍼治療はアプローチできることはもちろん衝撃により滞ってしまった血液や経絡の流れも改善できます。

なるべく骨格矯正などの手による治療に加えて、鍼治療を併用していくことをオススメ致します!

一日も早く回復する為に必要な治療ですので、保険会社の担当の方に併用希望のご相談してみて下さい。保険会社さんの確認が取れれば、当院では手による治療に加えて鍼治療も併用した内容の濃い効果の高い施術をご提供することができます。



鍼治療は痛いの?
人によって皮膚の感覚に違いがあるので一概には言えませんが、実際に施術で使用する鍼は約0.2oといった髪の毛ほどの太さの鍼ですのであまり痛みは感じません。
体験の無い方は縫い針のような針をイメージされる方がいらっしゃいますが思われているより細いです。
鍼が皮膚を貫く際に場所によっては少し「チクッ」としたり、深い筋肉まで達すると鍼治療独特の「ズーン」といった響く感覚があります。
この感覚が心地よくて鍼治療を好まれる方も多いです。

鍼治療が得意とする症状
交通事故の腰痛症でもムチ打ちでもしびれ症状でも重度な疾患(糖尿病や重度の神経圧迫症状など)などを除いてはかなり幅広い症状に対応できます。

鍼治療の特徴

鍼治療では通常指では届かせることの出来ない深い筋肉の層へアプローチできることと、鍼でツボを刺激することにより患者様の持って生まれた負傷を治す力を増大させる働きがあります。
交通事故での障害の場合、普段ではかからない大きな衝撃により深部の筋肉まで損傷するケースがあるので特に効果的です。

※当院での鍼治療で使用する鍼は、100%ディスポーザブル(使い捨て)を使用しておりますので衛生面で心配はございません。
鍼治療が初めての方でも安心して受けていただけます。