「むち打ち症」の70〜80%は「頸椎捻挫」です。

むち打ち症は正式な疾病名ではなく,おもに自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭のようにしなったためにおこる症状を総称したものです。正式には「頚椎捻挫」「頚部損傷」「外部性頚部症候群」とよばれます。
そもそも、頚部捻挫とは首の関節の軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンに写らない組織)の損傷のことであり、その治療は、急性外傷のプロ、柔道整復師(接骨院・整骨院の先生)の専門分野なのです。