交通事故が原因でむち打ち症になってしまった場合
(交通事故の大きさにもよりますが)事故直後はむち打ち症の症状が出ていなくても、数日経過して徐々に痛み出す可能性も往々にしてあります。
むち打ち症という得体の知れない恐怖、この恐怖に被害者(遭遇者)は高い確率で悩まされます。むち打ち症は極軽度な症状ならある程度の治療期間で治りますが、治療の経過が思わしくなければ、慢性化する恐れもあります。そうなってしまえば、一生悩まされることになってしまいます。

慢性化を発症してしまうむち打ち症、こういったむち打ち症の場合、ある程度時間が経過してから痛みを発症させる場合が多いようです。時には鈍痛でなく鋭痛に見舞われることもしばしばあります

当然のことですが、すぐ病院で検査を受けなければいけません。どんな病気にも言えることですが、早い段階で適切な処置を施さなければいけません。

むち打ち症の本当の恐怖はここにあります。処置が遅れることによって慢性化→持病になり、一生涯、痛みに怯えながら生活せざるを得なくなるからです。
後遺症の恐怖=むち打ち症、交通事故に関わらず首・腰に強い衝撃を受けた場合、自分では違和感がなくても、まず病院で診察や検査を受けましょう(^O^)/