自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、

公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)

に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」

と呼ばれています。交通事故の被害者が

泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、

被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

被害者の保護を目的としているので、

本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが

被害者も自賠責保険に対して請求できます。

被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく

損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては

同じ金額が補償されます。