むち打ち症では頚部を構成する組織を痛めることがあり、

重度のものになると、椎間板や靭帯の損傷、

剥離骨折、脊髄にまで影響が及びます。

軽度の場合であっても、筋肉を痛めてしまい、

症状がみられることがあります。

衝撃を受ける方向にもよりますが、

頚部・頭部へ急激に折れ曲がるような負荷がかかります。

頭部がガクンと前に倒れ、次に過度に後ろへ曲がり…

といったものに、加速・減速などの速度が加わるため、

そのダメージは想像ができると思います。

時間が経過してから症状がでてくるケースも

数多くありますので、

まずは人身事故扱いの経緯をとり

放置せず、受診されるようにしてくださいね。